キス・ミー、ケイト

デジタル大辞泉プラスの解説

キス・ミー、ケイト

1948年初演のミュージカル。原題《Kiss me, Kate》。作詞・作曲:コール・ポーター、脚本:サミュエル・スピワック、ベラ・スピワック。シェークスピア喜劇じゃじゃ馬ならし』を劇中劇として取り入れている。1949年に第3回トニー賞(ミュージカル作品賞)を受賞。1953年に映画化された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android