コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタダケソウ(北岳草) キタダケソウCallianthemum hondoense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キタダケソウ(北岳草)
キタダケソウ
Callianthemum hondoense

キンポウゲ科多年草。南アルプス北岳の高山帯に分布し,岩の多い草地に生える。全体に小型で根は太くて短く,茎は直立して高さ 10~20cm,分枝はないかまたは1回。根出葉は帯青灰白色で長柄がある3回3出複葉で,花時にも残存する。小葉は扇状円形で3裂し,終裂片は楕円状披針形,基部は広楔形。茎葉は1~2枚つき,3出複葉で短柄をもつ。6~7月,花茎の先に径約 2cmの白花を単生する。萼片は5枚。花弁は6~8枚,倒卵形で先端がくぼみ,基部は暗赤褐色で杯状の蜜腺がある。おしべは多数。痩果楕円形である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android