キタノホッケ(読み)きたのほっけ(英語表記)atka mackerel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタノホッケ
きたのほっけ / 北
atka mackerel
[学]Pleurogrammus monopterygius

硬骨魚綱カサゴ目アイナメ科に属する海水魚。北海道の太平洋、オホーツク海、千島列島(ちしまれっとう)およびベーリング海に分布する。ホッケよりも寒冷水域を好み、まれに北海道南部まで南下する。体は黄色みを帯び、背びれと臀(しり)びれは高い。体に5、6本の明瞭な暗色横帯があることでシマホッケともよばれる。体長は50センチメートルほどになる。多くはロシアから輸入され、ほとんどは開き干しにされる。味はホッケよりも劣る。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android