コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチジ(喜知次) キチジ Sebastolobus macrochir

1件 の用語解説(キチジ(喜知次)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キチジ【キチジ(喜知次) Sebastolobus macrochir】

カサゴ目フサカサゴ科の海産魚。魚屋ではキンキンまたはキンキの名で売られる。北海道オホーツク海沿岸から駿河湾にかけて分布し,とくに北海道や三陸地方に多い。日本海にはいない。水深200~800mの岩礁性の海底にすむが,若齢魚はやや浅い砂泥底に多い。体高は低く眼が大きい。体は朱赤色で,背びれの中央に1個の大きな黒斑がある。頭部にはとげが多数ある。産卵期は1~6月ころで,盛期は2~4月である。卵は寒天質の卵囊に包まれ,長さ35cm,幅6.5cmほどの長円形の塊になって海面を漂う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キチジ(喜知次)の関連キーワードアコウダイカサゴキチジ赤魚赤魚鯛笠子さんこう目抜蓑笠子そい逆さごと

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone