コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチジ(喜知次) キチジSebastolobus macrochir

世界大百科事典 第2版の解説

キチジ【キチジ(喜知次) Sebastolobus macrochir】

カサゴ目フサカサゴ科の海産魚。魚屋ではキンキンまたはキンキの名で売られる。北海道のオホーツク海沿岸から駿河湾にかけて分布し,とくに北海道や三陸地方に多い。日本海にはいない。水深200~800mの岩礁性の海底にすむが,若齢魚はやや浅い砂泥底に多い。体高は低く眼が大きい。体は朱赤色で,背びれの中央に1個の大きな黒斑がある。頭部にはとげが多数ある。産卵期は1~6月ころで,盛期は2~4月である。卵は寒天質の卵囊に包まれ,長さ35cm,幅6.5cmほどの長円形の塊になって海面を漂う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android