コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キッコーマン[株] キッコーマン

2件 の用語解説(キッコーマン[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

キッコーマン[株]【キッコーマン】

1917年千葉県野田の個人醸造家8名で野田醤油として設立。1964年キッコーマン醤油,1980年現社名に改称。醤油の市場占有率は3割で全国1位。江戸時代の亀甲万(きっこうまん)以来の商標は圧倒的知名度をもつ。
→関連項目野田醤油争議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キッコーマン[株]

シェア3割を超えるしょうゆトップメーカー。総合食品会社へ脱皮が進んでいる。本社千葉県野田市。キッコー(亀甲)マン印で知られる。創業は,現在の野田市において,1661年(寛文1)19代高梨兵左衛門しょうゆ醸造業の開業と,翌62年初代茂木七左衛門のみそ醸造業開業に始まる。茂木家は6代目の時代にしょうゆ業に転業した。1917年に至り,分家を含めた茂木・高梨の一族8家が合同し,野田醬油(株)を設立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキッコーマン[株]の言及

【醸造業】より

…また,原材料の多くを輸入に頼っていること,しょうゆ,みそ,食酢の製造技術が似かよっていることもあり,これらの兼業メーカーが多いことも特徴的である。
[しょうゆ]
 日本のしょうゆメーカーは3000社近くあるが,キッコーマン,ヤマサ醬油,ヒゲタ醬油,丸金醬油,ヒガシマル醬油の大手5社のシェアは50%に達している。生産量は114万kl(1994)で,1人当りの消費量は年間10l前後。…

【しょうゆ(醬油)】より

…生産量の半分以上は業務加工用で,残りが家庭で消費される。1972年キッコーマン社がアメリカで本醸造濃口しょうゆの製造を始め,年産2万kl(1982)に達し,同国の従来の化学分解型しょうゆより多くなった。日本から全世界への輸出量は8400kl(1982)である。…

※「キッコーマン[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

キッコーマン[株]の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命ニコライチャップリン文学革命青山胤通上条嘉門次志賀直哉フェスカ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone