コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キッシンググーラミー キッシンググーラミー Helostoma temminckii; kissing gourami

3件 の用語解説(キッシンググーラミーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キッシンググーラミー
キッシンググーラミー
Helostoma temminckii; kissing gourami

スズキ目ヘーロストマ科の観賞用熱帯魚。キスをする魚として知られる。体長 15cm内外であるが,原産地では 30cmに達するといわれる。体色は銀白色あるいはピンクがかった白。水面に浮巣をつくらず 4万個の卵を産む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キッシング‐グーラミー(kissing gourami)

東南アジアの淡水にすむ魚。全長約30センチ。2匹が唇をつける動作をするが、これは愛情の表現ではなく、相手に対する威嚇行動。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キッシンググーラミー
きっしんぐぐーらみー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キッシンググーラミーの関連キーワードエンゼルフィッシュ観賞魚闘魚熱帯魚マダイ雀鯛スズキヤキグチアリストロキアアコウ(動物,スズキ目)