コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キッシンググーラミー Helostoma temminckii; kissing gourami

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キッシンググーラミー
Helostoma temminckii; kissing gourami

スズキ目ヘーロストマ科の観賞用熱帯魚。キスをする魚として知られる。体長 15cm内外であるが,原産地では 30cmに達するといわれる。体色は銀白色あるいはピンクがかった白。水面に浮巣をつくらず 4万個の卵を産む。タイ,スマトラ島ジャワ島ボルネオ島マレー半島原産。池,湖など水流の少ない場所にすむ。(→観賞魚

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キッシング‐グーラミー(kissing gourami)

東南アジアの淡水にすむ魚。全長約30センチ。2匹がをつける動作をするが、これは愛情表現ではなく、相手に対する威嚇行動。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キッシンググーラミー
きっしんぐぐーらみー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キッシンググーラミーの関連キーワード東南アジア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android