コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キップの装置 キップノソウチ

デジタル大辞泉の解説

キップ‐の‐そうち〔‐サウチ〕【キップの装置】

オランダの化学者キップ(Kipp)が発明した、固体物質と液体物質を反応させて連続的に気体を発生させるガラス製の装置実験室二酸化炭素硫化水素などを発生させるのに使用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

キップの装置【キップのそうち】

塊状の固体と液体を反応させて気体を発生させ,その取扱いを便利なように工夫した装置。オランダの理化学機器製作者P.J.キップ〔1808-1864〕の考案。硫化水素,炭酸ガスなどの発生用によく用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キップのそうち【キップの装置 Kipp’s apparatus】

キップのガス発生器Kipp’s gas generatorとも呼ばれる。塊状の固体試料と液体試料とを反応させて気体を発生させるための装置。オランダの理化学機器製作者キップPetrus Jacobus Kipp(1808‐64)が考案したもので,取扱いが便利なように工夫がなされており,実験室で少量の気体を発生させるときによく用いられる。ふつう図に示すようなガラス製で,Bの部分がすり合せになっている。Cに塊状の固体試料を入れ,Aに液体試料を入れると,液はDからCに達し,両者が接触して気体を発生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

キップのそうち【キップの装置】

実験室で、塊状あるいは粒状の固体試料と液体試料との反応により気体物質を得るためのガラス製の装置。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キップの装置
きっぷのそうち
Kipp apparatusKipp's gas generator

キップガス発生器ともよばれる。オランダの化学者・理化学器械製作者キップPetrus Jacobus Kipp(1808―64)が発明した装置で、塊状の固体試薬に液体試薬を作用させて気体を連続的に発生させるのに用いる。実験室で、必要に応じて少量の気体を得るのに適している。のように、大形の漏斗(ろうと)Aと、くびれのある容器からなるガラス器具で、球部Bに底部Cへ落とさないよう固体試薬を入れ、漏斗Aを装着する。Aから液体試薬を注ぐと、Cを経てBに達し、気体発生反応が始まる。コックDを開いて気体を必要量だけ取り出す。Dを閉めると、発生した気体の圧力によって液面が押し下げられ、気体発生反応がやむ。コックEは廃液排出口である。硫化鉄と硫酸による硫化水素、亜鉛と塩酸による水素、大理石と塩酸による二酸化炭素、二酸化マンガンと過酸化水素による酸素などの発生に利用される。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キップの装置の関連キーワード化学実験粒状

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android