コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネアザミ

百科事典マイペディアの解説

キツネアザミ

本州〜沖縄,東アジア,インド,オーストラリアの暖〜温帯に分布するキク科二年草。路傍や田畑にはえる。高さ60〜80cm,葉は柔らかくて刺がなく,下面に白綿毛を密生する。
→関連項目アザミ(薊)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キツネアザミ【Hemistepta lyrata Bunge】

本州以南の日本,朝鮮中国東南アジアおよびオーストラリアに分布し,道端や田畑の縁に普通にみかけるキク科の一~二年草(イラスト)。和名キツネは一見アザミのように見えて実際には違うことを狐にだまされたと称したものである。若葉食用にされ,中国では全草をきず薬,骨折などの民間薬とする。茎は直立し,高さ30~80cm,上部が分枝して花序となる。根葉は束生し,茎葉は互生する。葉は軟らかく,羽状に深裂する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツネアザミ
きつねあざみ / 狐薊
[学]Hemistepta lyrata Bunge

キク科の越年草。茎は高さ60~80センチメートル、上方でよく分枝する。葉は長楕円(ちょうだえん)形で羽状深裂する。表面は緑色、裏面は綿毛があって白色である。5~6月、分枝した枝先に多数の頭花をつける。頭花は上向きに開く。総包葉は球形で、総包葉外片の背部に紅紫色でとさか状の付属体がある。小花は筒状花のみで、淡紫色、両性で実を結ぶ。長楕円形の痩果(そうか)には15本の鋭い稜線(りょうせん)がある。本州から沖縄の平地の道端や田畑に生え、朝鮮半島、中国、インド、オーストラリアにも分布する。名のキツネは、アザミに似て非なる意味(キツネにだまされる)を表している。1属1種で、アザミ属とは、花柱分枝が開出し、痩果に縦の稜線があることなどで区別される。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キツネアザミの関連キーワード狐眉刷千本槍頭花姫薊川薊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android