コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノエフデ(狐の絵筆) キツネノエフデMutinus bambusinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キツネノエフデ(狐の絵筆)
キツネノエフデ
Mutinus bambusinus

担子菌類スッポンタケ目スッポンタケ科のキノコ地中に生じた菌蕾 (きんらい) から太さ 0.6~1cm,長さ7~12cmの角形が出てくる。頭部は鮮紅色,下部に向って次第に淡くなる。担子器は菌蕾の中で成熟し,茎の発育とともにその頭部に異臭のある粘液で付着して現れる。秋にタケ林,庭,畑などに発生する。日本から東南アジアにかけて分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android