キツネノカミソリ(狐の剃刀)(読み)キツネノカミソリ(英語表記)Lycoris sanguinea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キツネノカミソリ(狐の剃刀)
キツネノカミソリ
Lycoris sanguinea

ヒガンバナ科の多年草。日本各地の山地に自生し,黒褐色球根がある。葉は春に出て,夏のうちに枯れる。線形,鈍頭で帯白色のため,カミソリの名はこれから出た。秋突然に,球根から長さ 30~45cmくらいの花茎を出し黄赤色の6花被片をもつ花を2~3個ずつつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android