コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノタイマツ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツネノタイマツ
きつねのたいまつ / 狐松明
[学]Phallus rugulosus (Fisch.) O. Kuntze

担子菌類・腹菌類、スッポンタケ目スッポンタケ科のキノコ。幼菌は白ないし淡紫色の柔らかい殻に包まれ、ヘビの卵に似るが、殻を破って出るキノコは円柱状で、高さ10~15センチメートル、上端に深さ2~3センチメートルの鐘状の帽子をかぶる。帽子は暗赤色で、表面は縮緬(ちりめん)状のしわを帯び、その表面を黒褐色で悪臭の強い粘液が覆う。これは胞子の集団で、悪臭に引かれて集まるハエによって胞子は運ばれる。胴体はスポンジ状で、もろい。畑などの有機質の多い地上に生え、無毒。日本のほか東アジアに分布する。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキツネノタイマツの言及

【スッポンタケ】より

…夏~秋,林内の地上に発生し,日本全国,全世界に分布する。同属のキノコにキツネノタイマツ,キイロスッポンタケ,アカダマスッポンタケなどがある。【今関 六也】。…

※「キツネノタイマツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キツネノタイマツの関連キーワードキツネノエフデ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android