コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キトラ古墳(亀虎古墳) きとらこふん

世界大百科事典 第2版の解説

きとらこふん【キトラ古墳(亀虎古墳)】

奈良県明日香村阿部山にある古墳時代終末期の古墳。西にのびる尾根の南斜面にあり,終末期古墳に典型的な景観を示す。未発掘で,内部構造は明らかでないが,墳丘は直径約11m,高さ約4mの円墳をなし,規模は高松塚古墳よりやや小さい。しかし1983年ファイバースコープによって石槨北壁に高松塚古墳壁画によく似た玄武(げんぶ)の描かれていることが知られ,他の四神などの画像の有無は不明であるが,その位置が高松塚古墳のほぼ真南で,やはり藤原京中軸線の南への延長線に近いことから注目を集めている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキトラ古墳(亀虎古墳)の言及

【地名】より

…これらは単なる一例にすぎない。1983年命名の奈良県明日香村キトラ(亀虎)古墳も,実際は大字阿部山小字上山(うやま)に所在した。キトラは隣接小字北浦(きたうら)の現地発音で,亀・虎壁画の出現を期待し,付会して〈亀虎〉としたもので,地名の嘉名・好字・2字化は今もなお生きている。…

※「キトラ古墳(亀虎古墳)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android