コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヌイトカザシグサ

1件 の用語解説(キヌイトカザシグサの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

キヌイトカザシグサ

からだは糸状。密に叢生し,球状の塊となる。糸状の体を拡大してみると,細長い円柱状の細胞がつながってできているのが分かる。分枝は互生的で叉状。カザシグサのように扇状には広がらない。手触り柔らかい。生体は紅色から紫がかった紅色。押し葉標本は台紙に良くつく。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キヌイトカザシグサの関連キーワード糸状菌糸状虫エゴノリオニクサマツモ藻球球状石炭レンズ状斑糲岩球状岩泥球

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone