キヌガサタケ(衣笠茸)(読み)キヌガサタケ(英語表記)Dictyophora indusiata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「キヌガサタケ(衣笠茸)」の解説

キヌガサタケ(衣笠茸)
キヌガサタケ
Dictyophora indusiata

担子菌類腹菌目スッポンタケ科のキノコ。夏秋に,庭,畑,芝地,タケ林などに生える。初め地中に菌蕾 (きんらい) といわれるヘビの卵のような白い径3~4cmのを生じる。これはその下部に長くて多少枝分れを有する菌糸束をもち,やがてその頂部が破れて中からキノコが出てくる。頂端にのある深編笠のような頭部を生じ,は太い円柱状である。全体の高さは 10~20cm,まれに 30cmに及ぶ。この菌の特徴は,この頭部と茎との間から白くて美しい網目になったマントを生じることである。このマントは茎の首のようなところから下へ伸びはじめるが,その生長速度はきわめて速く,秒速 0.08mmほどである。担子胞子は菌蕾の腹中の担子器上に生じ,キノコが生長するときに,異臭のある褐色粘液で頭部に付着して外に現れる。これにハエなど昆虫が止りその脚などについて運ばれる。日本全土に産出の記録があり,中国四川省産のものは乾物とし,スープにつくり珍味とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「キヌガサタケ(衣笠茸)」の解説

キヌガサタケ【キヌガサタケ(衣笠茸) Dictyophora indusiata (Pers.) Fisch.】

担子菌類腹菌目スッポンタケ科のキノコ。別名コムソウタケ(虚無僧茸),漢名を竹蓀(ちくそん)という。高さ15~20cmで太さ2~3cmの白い円柱状の茎の上端に鐘形の帽子状のかさをのせる。かさは深さ3~4cm,その内側から純白色でレース編み状の美しいマントをたらす。マントは長く豊かにをひろげる。かさの表面には網目状のくぼみがあり,その中に暗褐色の粘質物をみたす。これは胞子の集りで強い悪臭があり,においにひかれてハエが集まり,胞子を伝播する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキヌガサタケ(衣笠茸)の言及

【中国料理】より

…乾燥させたものをもどしていため物,スープに使う。 竹蓀キヌガサタケの乾燥品。四川省の竹やぶに産するが少量なので珍重される。…

※「キヌガサタケ(衣笠茸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報