コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヌガサタケ(衣笠茸) キヌガサタケ Dictyophora indusiata

2件 の用語解説(キヌガサタケ(衣笠茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キヌガサタケ(衣笠茸)
キヌガサタケ
Dictyophora indusiata

担子菌類腹菌目スッポンタケ科のキノコ。夏秋に,庭,畑,芝地,タケ林などに生える。初め地中に菌蕾 (きんらい) といわれるヘビの卵のような白い径3~4cmの塊を生じる。これはその下部に長くて多少枝分れを有する菌糸束をもち,やがてその頂部が破れて中からキノコが出てくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キヌガサタケ【キヌガサタケ(衣笠茸) Dictyophora indusiata (Pers.) Fisch.】

担子菌類腹菌目スッポンタケ科のキノコ。別名コムソウタケ(虚無僧茸),漢名を竹蓀(ちくそん)という。高さ15~20cmで太さ2~3cmの白い円柱状の茎の上端に鐘形の帽子状のかさをのせる。かさは深さ3~4cm,その内側から純白色でレース編み状の美しいマントをたらす。マントは長く豊かに裾をひろげる。かさの表面には網目状のくぼみがあり,その中に暗褐色の粘質物をみたす。これは胞子の集りで強い悪臭があり,においにひかれてハエが集まり,胞子を伝播する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のキヌガサタケ(衣笠茸)の言及

【中国料理】より

…乾燥させたものをもどしていため物,スープに使う。 竹蓀キヌガサタケの乾燥品。四川省の竹やぶに産するが少量なので珍重される。…

※「キヌガサタケ(衣笠茸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キヌガサタケ(衣笠茸)の関連キーワードクチベニタケ(口紅茸)ベニタケ(紅茸)松露鼈茸すっぽんぽん毒茸スッポンタケカゴタケ(籠茸)キツネノエフデ(狐絵筆)チャダイゴケ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone