キネティック・アート(英語表記)Kinetic Art

翻訳|kinetic art

世界大百科事典 第2版の解説

キネティック・アート【Kinetic Art】

動的なしくみか駆動装置を有し,空間と時間とによる芸術表現を行う造形作品をいう。20世紀に現れた新しい芸術分野で,ロシアの彫刻家N.ガボキュビスムや未来派の考えをもとに制作した,モーターを使った彫刻(1910)が最初の作品。その後,M.デュシャンの《回転半球》(1925)などがある。キネティック・アートを理論的に体系化したのは,モホリ・ナギである。1950年代後半から,ふたたびキネティック・アートの大きな動きが始まり,とくにJ.ティンゲリーの廃物機械を利用したナンセンスな機械彫刻は,機械技術文明への皮肉といわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android