コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバガ(牙蛾) キバガ

世界大百科事典 第2版の解説

キバガ【キバガ(牙蛾)】

鱗翅目キバガ科Gelechiidaeに属する昆虫の総称。口吻(こうふん)の基部後方の両側から出る1対の下唇鬚(かしんしゆ)が,きば状に突出しているのでこの名がある。全世界に分布する小型のガで,日本には75種知られている。イモキバガ(サツマイモ,ヒルガオ),ジャガイモキバガ(バレイショ,ナス,トマト,タバコ,トウガラシ,ホオズキ),バクガ(穀類)のように,幼虫が重要な害虫とされているものを含んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

キバガ(牙蛾)の関連キーワードキバガ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android