コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバタン(黄巴旦) キバタンgreater sulphur‐crested cockatoo

1件 の用語解説(キバタン(黄巴旦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キバタン【キバタン(黄巴旦) greater sulphur‐crested cockatoo】

オウム目オウム科の鳥(イラスト)。全長約50cm。オオバタンと並ぶ代表的なオウムで全身白色。長い冠羽の先端が輝いた黄色で,翼や尾を広げると裏側の羽毛も淡い黄色をしている。オーストラリアニューギニアおよびその周辺の島に分布する。森林や疎林につがいか小さな群れですみ,非繁殖期には大きな群れになる。モモイロインコやアカビタイムジオウムなどと混群になることもある。群れが開けた地上で採食する場合は,数羽の鳥が近くの木にとまって周囲を見張り,敵が近づくと警戒声を出して群れの鳥に知らせる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone