キプチャク汗国(読み)キプチャクかんこく

大辞林 第三版の解説

キプチャクかんこく【キプチャク汗国】

チンギス-ハンの子ジュチの子孫の王朝。モンゴル帝国の四汗国の一。ジュチの子バトゥがキルギス草原に南ロシアのキプチャク草原一帯を加えて建国(1243~1502)。都はサライ。一四世紀前半に最盛期を迎えたが、一五世紀、領内に小国が分立。欽察汗国。金帳汗国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android