コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キプチャク汗国 キプチャクかんこく

大辞林 第三版の解説

キプチャクかんこく【キプチャク汗国】

チンギス-ハンの子ジュチの子孫の王朝。モンゴル帝国の四汗国の一。ジュチの子バトゥがキルギス草原に南ロシアのキプチャク草原一帯を加えて建国(1243~1502)。都はサライ。一四世紀前半に最盛期を迎えたが、一五世紀、領内に小国が分立。欽察汗国。金帳汗国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

キプチャク汗国の関連キーワードアレクサーンドル ヤクボフスキードミトリードンスコイモスクワ大公国モンゴル帝国カザン汗国クリム汗国青帳汗国チンギス白帳汗国金帳汗国ジュチ最盛期サライ分立薩来領内小国王朝抜都

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android