コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キプチャク・ハーン国 キプチャクハーンこくQipchaq Khān

世界大百科事典 第2版の解説

キプチャクハーンこく【キプチャク・ハーン国 Qipchaq Khān】

チンギス・ハーンが長子ジュチに与えたイルティシュ川流域の所領が,西方に拡大発展して成立した遊牧国家(図)。1243‐1502年。〈ジュチのウルス(所領)ūlūs‐i Jūchī〉と呼ばれ,ロシア人は金帳ハーン国Zolotaya Ordaと呼んだ。版図は,東はイルティシュ流域から西はドニエストル川,北はブルガールから南はカフカス,シル・ダリヤ中流域に及び,ルーシ(ロシア)も属国となって貢租を支払った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキプチャク・ハーン国の言及

【ガーリチ・ボルイニ公国】より

…ロマンの死後国内では貴族が勢力を振るい,またハンガリー,ポーランドの介入を受けたが,ロマンの子ダニイルDaniil Romanovich(1201‐64)により再建され,新たな経済的・政治的高揚期を迎えた。しかし,タタール人の侵入に直面し,ダニイルはローマ教皇をも巻き込んで対抗したが,結局キプチャク・ハーン国の勢力圏に組み込まれる。14世紀初め一時的に統一を回復するが,公国内には自立的諸公が存在し,分裂傾向を阻止できないまま,14世紀半ばにはポーランドとリトアニアによって分割され,以後18世紀末まで両国の支配下に置かれた。…

【タタールのくびき】より

…キプチャク・ハーン国による中世のロシア諸公国の間接支配のこと。すなわち,1236‐41年にわたり,モンゴル軍がロシアを侵略した時から,1480年にハーン国軍が,それまで何度か占領・略奪を繰り返してきたモスクワの都に迫りながら,攻撃を断念して兵を引き揚げた時までの約250年間を,後世のロシア人が形容した言葉。…

【モスクワ】より

…当初は眇(びよう)たる小国であったが,モスクワ川を擁して交易路の要衝にあったことと,ダニイルの後を継いだ歴代の支配者の手腕によって,モスクワはしだいに領土を広げ,権威を高めていく。 ダニイルの子のイワン・カリタはキプチャク・ハーン国の宮廷にとり入ってその援助を受けて近隣のロシア諸公国の土地を手中に収める一方で,ウラジーミルから府主教を迎えたり,クレムリン内にウスペンスキー聖堂を建立したりして,モスクワを全ロシアの宗教上の中心たらしめようと努めた。14世紀後半のドミトリー・ドンスコイ大公の治世にはクレムリンの周囲に木の柵の代りに石の城壁が築かれ,城外に出城の役割を兼ねてアンドロニコフ,シーモノフなどの修道院がつくられた。…

※「キプチャク・ハーン国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キプチャク・ハーン国の関連キーワードアストラハン・ハーン国ドミトリー・ドンスコイアーバーカー・ハーンドニエストル[川]シル・ダリヤ[川]タタールのくびきイルティシ[川]カザン・ハーン国クリム・ハーン国チンギス・ハーンイワン・カリタイワン・カリタモスクワ大公国イル・ハーン国バトゥ(抜都)クリコボの戦トベーリ公国ボルガ[川]フェオドシアモンゴル帝国

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android