キプロス南北分断

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

キプロス南北分断

19世紀までオスマントルコ支配下にあったキプロスは1960年に英国から独立したが、当初から多数派のギリシャ系住民と少数派のトルコ系住民の対立をはらんでいた。63年にギリシャ系大統領が権力分担を定めた憲法改正を提起し内戦に。74年にはギリシャとの併合を狙ったクーデターに対抗してトルコ軍が侵攻、北部37%を占領し、島は分断された。83年に「北キプロス・トルコ共和国」が独立宣言。国連は64年から平和維持軍を駐留させ、74年から現在の緩衝地帯を管理している。

(2008-03-14 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android