コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キプロス支援

1件 の用語解説(キプロス支援の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

キプロス支援

EUや国際通貨基金(IMF)が最大100億ユーロ(約1兆2千億円)を支援する。支援条件として、キプロス国内の2大銀行の整理・再編を求めた。銀行の株主らだけでなく、両行の10万ユーロ(約1200万円)超の大口預金者にも損失をかぶってもらう。キプロスの銀行は、ギリシャ国債を大量に持っていたため、ギリシャの財政危機に伴って経営危機に陥った。金融機関が持つ資産はGDPの約7倍もあるため、政府は自力で救済できず、昨年6月にEUへの支援を要請した。キプロスがEUに加盟した背景には、政治的に強いつながりのあるギリシャの後押しがあった。2008年からユーロ通貨を使っている。

(2013-04-04 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キプロス支援の関連キーワードNAB国際通貨国際通貨基金EFFSAF連合国国際通貨金融会議IMF体制金・ドル本位制国際通貨基金(IMF:International Monetary Fund)国際通貨基金(IMF)・世界銀行の年次総会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キプロス支援の関連情報