キホウキタケ(黄箒茸)(読み)キホウキタケ(英語表記)Ramaria flava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キホウキタケ(黄箒茸)
キホウキタケ
Ramaria flava

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科のキノコ。子実体は多数枝分れした樹枝状,径 10~20cm,高さ7~15cmの塊になる。レモン色または硫黄色。老化したり傷ついたものは帯赤色となる。子実体の枝状部全面に子実層を生じる。胞子紋は帯赤黄色。食べられるが多量に食べて下痢症状を呈したという記録もある。北海道,本州,九州に産し,ヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android