コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キホウキタケ(黄箒茸) キホウキタケRamaria flava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キホウキタケ(黄箒茸)
キホウキタケ
Ramaria flava

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科のキノコ。子実体は多数枝分れした樹枝状,径 10~20cm,高さ7~15cmの塊になる。レモン色または硫黄色。老化したり傷ついたものは帯赤色となる。子実体の枝状部全面に子実層を生じる。胞子紋は帯赤黄色。食べられるが多量に食べて下痢症状を呈したという記録もある。北海道,本州,九州に産し,ヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android