キム キャトラル(英語表記)Kim Cattrall

現代外国人名録2012の解説

キム キャトラル
Kim Cattrall


専門
女優

生年月日
1956/8/21

出生地
英国 マージーサイド州リバプール

経歴
英国生まれで、幼い頃、カナダ・バンクーバーアイライドに移住。11歳の時、英国に戻り、ロンドン演劇アカデミーで音楽と演劇を学ぶ。その後、カナダ・バンフ学校へ行き、16歳の時ニューヨークに移り、アメリカン・アカデミー(AADA)でさらに演劇を学ぶ。「橋からのながめ」「アグネス・オブ・ガッド」などの舞台に出演。1975年オットー・プレミンジャー監督の「ローズバッド」で映画デビュー。次いでユニバーサルと長期契約を結び「刑事コロンボ」「チャーリーズ・エンジェル」などにゲスト出演。’82年コメディ映画「ポーキーズ」で一躍脚光を浴びる。’87年主演映画「マネキン」が全米で大ヒット。’97年よりテレビシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」でサマンサ役を演じ、番組のヒットに伴って世界的に知られるようになった。他の出演映画に「天国への切符」「ポリス・アカデミー」(’84年)、「マスカレード/甘い罠」(’88年)、「虚栄のかがり火」(’90年)、「アンフォゲタブル」(’96年)、「15ミニッツ」(2001年)、「ノット・ア・ガール」(2002年)、「セックス・アンド・ザ・シティ」(2008年)、「セックス・アンド・ザ・シティ2」(2010年)などがある。2002年オーディオ・デザイナーで夫のマーク・レビンソン(その後離婚)とともに書いたセックスの啓蒙書「サティスファクション」が英米でベストセラーとなり、日本でも出版され話題を呼ぶ。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android