コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キム・ジハ(金芝河) キム・ジハKim Ji-ha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キム・ジハ(金芝河)
キム・ジハ
Kim Ji-ha

[生]1941.2.4. 全羅南道,木浦
韓国の詩人。本名金英一。 1995年よりキム・ヒョンという筆名を用いている。 1966年ソウル大学文学部美学科卒業。 70年特権階級を風刺した詩『五賊』を書き,反共法違反で拘留された。 74年5月民青学連事件に関連したとして逮捕され,7月国防部普通非常軍法会議で大統領緊急措置4号違反などで死刑を宣告されたが,翌年釈放された。しかし釈放後,『東亜日報』に連載した手記『苦行-1974』で人民革命党事件の捏造を非難したことから反共法違反容疑で再逮捕され,国際的に釈放要求の声が湧き起った。 80年 12月再度釈放。その後沈黙を続けていたが,91年4月の明知大生の姜慶大殴打致死事件を契機に起った一連の焼身自殺事件に対し,「焼身自殺は止めよ」とのアピールを出し,学生運動家から強い批判を浴びた。代表作には『黄土』 (1970) ,『飛語』 (72) などの詩のほかに戯曲『銅の李舜臣』 (70) ,『鎮悪鬼』 (73) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キム・ジハ(金芝河)の関連キーワード朴景利

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android