コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キム・ソンハン(金声翰) キム・ソンハンKim Sǒnghan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キム・ソンハン(金声翰)
キム・ソンハン
Kim Sǒnghan

[生]1919.1.17. 咸鏡南道,豊山
韓国の小説家。 1944年日本の東京大学を中退,のちイギリスのマンチェスター大学を卒業。 50年短編『無明路』が『ソウル新聞』の懸賞に当選し,文壇にデビュー。雑誌『思想界』の編集長,『東亜日報』の論説委員,編集局長などをつとめ,言論界に活躍した。短編『ゼウスの自殺』 (1955) ,『5分間』 (55) ,『バビド』 (56) ,『極限』 (56) ,『かたつむり』 (57) ,『彷徨』 (57) などがあり,56年に東仁文学賞,57年に自由文学賞を受賞。現代社会における知識人の苦悩と彷徨を,簡潔で知的な文章で表現し,韓国小説の現代化に寄与した。ほかに『李成桂』 (67) や日本にも紹介された『壬辰倭乱』 (90) などの長編歴史小説がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キム・ソンハン(金声翰)の関連キーワード東京大学

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android