コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッチバレー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャッチバレー

手軽にできる高齢者向けのスポーツとして京都府舞鶴市老人福祉センター「文庫山学園」が 1986年に考案した球技。周囲約 80cmのゴルフボールを用いて,1チーム4人で対戦する。相手チームからのボールを受けた人は,ボールを両手でつかんで味方チームに時計回り順番に回す。4人目の人は,自分の腰より低い位置から,両手でボールをもって相手コートへ投げ返す。ボールを床に落としたり,時計回りに回す順番を間違えたりすると,相手の得点となる。試合時間は5分間。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android