コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャビテーションエロージョン キャビテーションエロージョンcavitation erosion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャビテーションエロージョン
cavitation erosion

液体中における金属表層の一種の疲れ破壊。金属表面またはその近傍でキャビテーションによる気泡が繰返し消滅するとき,気泡部分に生じる非常に高い圧力が金属表面に衝撃的に作用する結果,小さい孔 (ピット) が密集して発生する現象。舶用プロペラ,水車やポンプなどのランナでは強度上大きな問題になる。キャビテーションを押えることが最も効果的な防止策であるが,防食処理もある程度有効である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android