コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャフタ(恰克図)条約 キャフタじょうやくK`achta; Kiakhta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャフタ(恰克図)条約
キャフタじょうやく
K`achta; Kiakhta

1727年 (清,雍正5年) ,中国清朝とロシアの間で結ばれた条約。エルグン (額爾古納) 川からオビ川にいたる国境を画定逃亡者の相互引渡し,ロシアの通商権,外交権,北京に教会をおく権利を規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キャフタ(恰克図)条約の関連キーワードタルバガタイ(塔爾巴哈台)条約松筠

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android