コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャフタ(恰克図)条約 キャフタじょうやくK`achta; Kiakhta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャフタ(恰克図)条約
キャフタじょうやく
K`achta; Kiakhta

1727年 (清,雍正5年) ,中国清朝とロシアの間で結ばれた条約。エルグン (額爾古納) 川からオビ川にいたる国境を画定逃亡者の相互引渡し,ロシアの通商権,外交権,北京に教会をおく権利を規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キャフタ(恰克図)条約の関連キーワードタルバガタイ(塔爾巴哈台)条約松筠

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android