コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンバス・ワーク canvas work

1件 の用語解説(キャンバス・ワークの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キャンバス・ワーク【canvas work】

粗い平織の手芸用布(キャンバス)の織糸にそってししゅうする技法の総称。キャンバス・エンブロイダリー,区限ししゅうともいい,アメリカではニードルポイントneedle pointという。この技法は,古くからあるプチ・ポアン(テントステッチ),グロ・ポアン(クロス・ステッチ)などが代表的な刺し方で,土台布の織糸をすくって縦,横,斜めの方向に刺すので,図柄は織り目にそって構成され,布全体を刺すと織物風になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キャンバス・ワークの関連キーワード糸織カンバスリネンキャンバス用布キャンバスシューズキャンバストップシェープドキャンバス大和織最大キャンバー