コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュウカンチョウ(九官鳥) キュウカンチョウ

百科事典マイペディアの解説

キュウカンチョウ(九官鳥)【キュウカンチョウ】

ムクドリ科の鳥。翼長16cm。全身紫光沢のある黒色で,翼に大きな白斑がある。華南東南アジアインド等に分布し,森林にすむ。昆虫果実などを食べ雑食性。日本には飼鳥として輸入され,人語や他の鳥の鳴声をまねるので有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キュウカンチョウ【キュウカンチョウ(九官鳥) hill myna】

スズメ目ムクドリ科の鳥(イラスト)。人語などのまねがじょうずなので,飼鳥としてよく飼われている。原産地は中国南部とインドから大・小スンダ列島およびフィリピンまでの南アジアである。全長約30cm,くちばしと脚は橙黄色。眼の後方から後頸(こうけい)部に黄色の肉垂がある。羽色は,風切の一部に顕著な白斑があるほかは,全身紫色ないし青緑色の光沢のある黒色。小群で森林に生息し,とくに村落や農耕地近くの森林に好んですむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキュウカンチョウ(九官鳥)の言及

【コミュニケーション】より

…しかしながら野生状態のチンパンジーでは,言語の片鱗すら見つかってはいない。なお,キュウカンチョウやオウムはヒトの言葉をまねることで知られているが,音声の模倣が,その内容まで理解したコミュニケーション機能にまで高まることはまったくない。【杉山 幸丸】。…

※「キュウカンチョウ(九官鳥)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キュウカンチョウ(九官鳥)の関連キーワード生痕化石イイズナオイカワキョウジョシギコウライウグイススイジガイ水上スキーダチョウ茶筅髪ノグチゲラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android