キュウリグサ(胡瓜草)(読み)キュウリグサ(英語表記)Trigonotis peduncularis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュウリグサ(胡瓜草)
キュウリグサ
Trigonotis peduncularis

ムラサキ科の越年草。別名タビラコ。路傍原野に自生する。根葉卵円形,長い柄があり多数叢生する。春,15~30cmの茎が伸びて総状花穂となる。花は5裂の花冠で淡藍色で小さい。これをつぶして嗅ぐと,キュウリのような臭いがするのでこの名がある。なお春の七草のコオニタビラコ (ホトケノザ) は本種ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android