コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュウリグサ(胡瓜草) キュウリグサTrigonotis peduncularis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュウリグサ(胡瓜草)
キュウリグサ
Trigonotis peduncularis

ムラサキ科の越年草。別名タビラコ。路傍原野に自生する。根葉卵円形,長い柄があり多数叢生する。春,15~30cmの茎が伸びて総状花穂となる。花は5裂の花冠で淡藍色で小さい。これをつぶして嗅ぐと,キュウリのような臭いがするのでこの名がある。なお春の七草のコオニタビラコ (ホトケノザ) は本種ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キュウリグサ(胡瓜草)の関連キーワードムラサキ科

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android