コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キューン キューン Kühn, Lenore

4件 の用語解説(キューンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キューン
キューン
Kühn, Lenore

[生]1878
[没]?
ドイツの女流美学者。新カント学派の美学者として知られる。主著"Die Autonomie der Werte-Eine kritische Grundlegung nach transzendental-teleologischer Methode" (2巻,1926~31) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キューン

ドイツの考古学者。1930年ケルン大学,1946年マインツ大学教授。先史美術の研究家。著書《人類と文化の誕生》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キューン
きゅーん
Alfred Khn
(1885―1968)

ドイツの実験動物学者。フライブルク大学卒業。ゲッティンゲン大学教授、カイザー・ウィルヘルム研究所(現、マックス・プランク研究所)所長、チュービンゲン大学およびマックス・プランク研究所教授などを歴任し、ドイツ動物学の指導者として研究・教育に携わり、全世界的な影響を及ぼした。ドイツ流の緻密(ちみつ)かつ構成的な学風をもって下等動物の感覚生理学をはじめ、昆虫の遺伝生化学的研究、ヒドロ虫の発生などの広範な分野にわたり優れた業績を残した。教育面での貢献も目覚ましく、一般動物学、発生学の教科書は名著として知られ、第二次世界大戦前後の日本の動物学の教科書で、これらの影響を受けないものはないとされている。[竹内重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

キューン


クーンをも見よ。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キューンの関連キーワード階乗合同西ドイツNエヌ統一ドイツドイツの小さな町N末端残基Diaz de la Peña,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キューンの関連情報