コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョセム・スルタン Kösem Sultan

世界大百科事典 第2版の解説

キョセム・スルタン【Kösem Sultan】

1589ころ‐1651
オスマン帝国第14代スルタン,アフメト1世(在位1603‐17)の妃,スルタン,ムラト4世およびイブラヒムの生母。ギリシア系の女性で通称〈マフペイケルMahpeyker〉(美貌,魅力的の意)。権力志向型の女性で,自己の子息たちのスルタン在位中は摂政として絶大な権勢をふるい,彼女を頂点とするハレムの政治介入は有能な吏僚を追放しその生命を奪った。収賄は国政を乱し浪費は国家財源を枯渇させた。またイブラヒムの治世に,クレタにおいてはベネチアとの間に果てしない戦闘が続き国運を傾けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

キョセム・スルタンの関連キーワードイブラヒム1世

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android