コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョル・テギン(闕特勤) キョル・テギンKül-Tägin

1件 の用語解説(キョル・テギン(闕特勤)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョル・テギン(闕特勤)
キョル・テギン
Kül-Tägin

[生]685
[没]731
突厥ビルゲ・カガン (毗伽可汗) の弟。兄の即位に努力して軍事権を握り,功績を立てた。突厥碑文の一つであるキョル・テギン碑文は彼の功績をたたえたもの。その死に際して唐の玄宗は弔問使を派遣し,みずから碑文をつくり,祠廟を建てさせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キョル・テギン(闕特勤)の関連キーワード731部隊年齢新羅(しらぎ)全国の待機児童小説氷点住吉祭青森空襲戦時下の加害行為留萌川海竜王寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone