コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョーリン製薬ホールディングス

2件 の用語解説(キョーリン製薬ホールディングスの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

キョーリン製薬ホールディングス

1923年創業の東洋新薬社が前身。2006年に持ち株会社に移行。傘下に杏林製薬や後発薬のキョーリンリメディオを持つ。今年3月期の連結売上高は997億円、営業利益は132億円。

(2010-12-17 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

キョーリン製薬ホールディングス

正式社名「キョーリン製薬ホールディングス株式会社」。英文社名「KYORIN Holdings, Inc.」。製薬業。昭和33年(1958)「山川商事株式会社」設立。平成7年(1995)「株式会社アプリコット」に改称。同18年(2006)「株式会社キョーリン」に改称。同22年(2010)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区神田駿河台。ヘルスケア持株会社。杏林製薬株式会社がグループ中核。ほかにドクタープログラム株式会社・キョーリン メディオ株式会社・杏文堂などを傘下に置く。東京証券取引所第1部上場。証券コード4569。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キョーリン製薬ホールディングスの関連キーワードロードホールディング東京放送ホールディングスニッポン放送フジメディアホールディングスセブン&アイ・ホールディングス三井住友海上グループホールディングスキリンホールディングスJPホールディングスオルビス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キョーリン製薬ホールディングスの関連情報