コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリキア・アルメニア王国 キリキアアルメニアおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

キリキアアルメニアおうこく【キリキア・アルメニア王国】

アルメニア人が小アジア南東部キリキア地方に建てた国家。1080‐1375年。10~11世紀アルメニア人は,アラブ人の侵攻のためギリシア人人口が希薄になっていたタウロス(現,トロス)山脈の山中に集団移住した。このような集団の一つの指導者ルーベン家はビザンティン帝国から全キリキアを奪い,十字軍が占領地で建てた諸国と密接な関係を保ちつつ,新国家を樹立した。この王国の最盛期は初めて王号を採用(1199)したレボン2世の治世期(1187‐1219)で,農業,手工業が発展し,首都シス,港湾都市アヤスは東西交易の中継地として栄え,絵画ではキリキア派を生んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

キリキア・アルメニア王国の関連キーワードアルメニア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android