コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンシバイ(金糸梅) キンシバイ Hypericum patulum

3件 の用語解説(キンシバイ(金糸梅)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンシバイ(金糸梅)
キンシバイ
Hypericum patulum

オトギリソウ科の半落葉小低木。中国原産で庭園に栽植されている。茎は細く,枝分れが多い。高さ 1mに及ぶ。葉は対生し,無柄で卵状長楕円形,全縁で質は薄い。裏面は白緑色で透かしてみると油点がまばらに見える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キンシバイ(金糸梅)【キンシバイ】

中国原産のオトギリソウ科の半常緑性小低木。江戸時代中ごろに渡来したといわれる。高さ1mくらいになり,柄のない卵状長楕円形の葉を対生する。6〜7月,枝端に集散状につく花は径3〜4cm,光沢のある美しい黄色の花弁が5枚で,多数のおしべは5束をなし,花柱も5本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キンシバイ【キンシバイ(金糸梅) Hypericum patulum Thunb.】

庭に栽培するオトギリソウ科の落葉低木(イラスト)。中国原産で,平賀源内の《物類品隲(ひんしつ)》によると1760年(宝暦10)に日本に伝来したという。まれに川岸の岩場に野生状に生えていることがある。基部から多く分枝し,枝は開出して先が垂れ下がる。葉は卵状長楕円形で対生し,毛がなく,葉の裏は少し緑白色となる。6~7月ころ,枝先に直径3cm内外の美しい黄色の花をつける。花弁は5枚,おしべは多数あって五つの束になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キンシバイ(金糸梅)の関連キーワードオトギリソウ科弟切草金糸梅巴草振袖柳見返草未央柳オトギリソウビヨウヤナギオトギリソウ属

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone