コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンセンカ(金盞花) キンセンカCalendula officinalis; pot marigold

3件 の用語解説(キンセンカ(金盞花)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンセンカ(金盞花)
キンセンカ
Calendula officinalis; pot marigold

キク科の一年草。南ヨーロッパ原産。葉は広楕円形または披針形で,直立した茎に互生する。茎はよく分枝し,頂部に橙黄色や鮮黄色の頭状花をつける。日本への渡来は嘉永年間 (1850年頃) とされ,大正時代から早春の切り花として利用されてきた。露地栽培が容易なため,花壇にも使われる。春の彼岸の供花としてよく用いられるため,仏花としての印象が強い。従来,頭状花の直径が 10cmに達する大輪の八重咲き品種が好まれてきたが,最近では,直径3~4cmの半八重咲き品種や一重咲きの小輪品種も切り花として流通。それらはカレンデュラの属名で呼ばれることが多い。日当りと水はけのよい環境を好む。9月下旬に種をまく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キンセンカ(金盞花)【キンセンカ】

トウキンセンとも。南欧原産のキク科の秋まき一年草。高さ30cmくらいで,全体に軟毛があり,葉はへら状。高性や矮(わい)性の園芸品種があり,暖地栽培されたものが12〜3月に仏花,盛花用に出荷されるが,矮性品種は春の花壇や鉢植に向く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キンセンカ【キンセンカ(金盞花) pot marigold】

暖地では冬の切花として栽培されるが,一般には春の花壇や鉢物によろこばれるキク科の秋まき一年草(イラスト)。原産地は南ヨーロッパ。原種は草丈30cm,花径2cmの一重咲きであるが,改良種は直径10cmを超える万重(まんえ)咲きとなっている。花色は濃黄色,淡黄色,橙紅色,あんず色などがある。秋まきとして霜よけ下で苗を保護すれば,4~5月に枝を分けて次々と咲く。暖地では8月中旬にまき,年末から春までの需要にこたえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone