コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンチャワンタケ(金茶碗茸) キンチャワンタケAleuria rheana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンチャワンタケ(金茶碗茸)
キンチャワンタケ
Aleuria rheana

子嚢菌類チャワンタケ目チャワンタケ科のキノコ。秋に,広葉樹林下の落葉上に塊になって生える。子実体は径1~3cmの碗形,上面 (碗形の内面) は橙黄色または黄色で網目状の模様があり,下面は白色,長さ1~3cmで同色の柄をもっている。日本各地に産し,北アメリカ,ヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android