コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キントキダイ(金時鯛) キントキダイPriacanthus macracanthus

世界大百科事典 第2版の解説

キントキダイ【キントキダイ(金時鯛) Priacanthus macracanthus】

スズキ目キントキダイ科の海産魚(イラスト)。本州中部以南の西部太平洋,インド洋に広く分布している。南日本ではふつうに見られ,神奈川県三崎でキンメ,和歌山県でキントキ,高知県でキントウジまたはカネヒラ,福岡県でウマヌスット,鹿児島県でセマツダイと呼ばれる。全長30cmに達する。体色は淡紅色で,背びれ,しりびれ,腹びれに暗黄色の斑点がある。体は側扁し,長楕円形をしている。口は大きく,上方を向いている。眼は大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android