コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンバイザサ(金梅笹) キンバイザサCurculigo orchioides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンバイザサ(金梅笹)
キンバイザサ
Curculigo orchioides

キンバイザサ科の多年草。アジア東部から南部,マレーシアオーストラリア,日本では本州南西部,四国,九州,琉球列島に分布し,暖地の山林内に生える。根茎は太く垂直に地中に入り,上部は古い葉の繊維に包まれる。地上茎は短い。葉はすべて根生し,外部のものは短く膜質,内部のものは線状披針形で長さ 10~35cm,幅1~2cm,平行脈があり軟毛が散生する。花期は5~8月。花茎は1~3cmで,1~3花をつける。包は褐色膜質。花茎,子房,花被に長い細毛が生える。花被裂片は黄色で6個。果実肉質で裂開しない。和名は,花色が金色のウメを連想させ,葉がササに似ることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キンバイザサ【キンバイザサ(金梅笹) Curculigo orchioides Gaertner】

小型の黄色の花をつけるキンバイザサ科の多年草(イラスト)。鉢植えにして観賞用に用いられることがある。地下茎は垂直で円柱形,上部は褐色の繊維におおわれる。葉は線状披針形で叢生(そうせい)し,長さ10~35cm,軟毛を散生する。花は5~8月,根際から1~3cmの短い花茎を出し,黄色の花をつける。花茎は1株より何本も出る。花は直径1~1.5cm,細長い花筒部があり,花冠は平開する。子房は下位。果実はやや肉質で裂開せず,種子は楕円形で黒色,一端にかぎ形の付属体がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android