コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンランチョウ(金蘭鳥) キンランチョウred‐bishop

世界大百科事典 第2版の解説

キンランチョウ【キンランチョウ(金蘭鳥) red‐bishop】

スズメ目ハタオリドリ科の鳥(イラスト)。スズメより小さく,全長約13cm。雌雄異色。雄の生殖羽は全体に赤みの強いオレンジ色で,顔と腹部は黒く,翼と尾は褐色。後頸(こうけい)に襟巻状のオレンジ色の飾羽がある。非生殖羽の雄と雌は似ており,淡黄褐色に暗色の縦斑が散在している。サハラ砂漠以南のアフリカに広く分布している。水辺の草原に多く,草の種子を食べる。農耕地に大群で現れ,穀物に大害を与えることがある。草地やヨシ原に集団で繁殖するが,その中で雄は強いなわばり性を示し,首の飾羽を逆立て,羽音を立てて空中停止をしながらディスプレーをする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android