キーゼル石(読み)キーゼルせき

世界大百科事典 第2版の解説

キーゼルせき【キーゼル石 kieserite】

化学組成MgSO4・H2O。単斜晶系,塊状または粒状をなして産出する鉱物。無色,灰白色,黄白色で,ガラス光沢。モース硬度3.5,比重2.6。水に溶けにくい。結晶水は約350℃で失われる。主として海洋起源の堆積鉱床中に岩塩やその他の塩類とともに産出する。【加藤 敏郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android