コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キール軍港の反乱 キールぐんこうのはんらんKiel Mutiny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キール軍港の反乱
キールぐんこうのはんらん
Kiel Mutiny

帝政を倒したドイツ革命の発端となった反乱。第1次世界大戦で敗色濃厚となったドイツの軍港ウィルヘルムスハーフェンで,1918年 10月 29日に水兵の反乱が発生,それに対する弾圧に抗議して 11月3日にはキール軍港で数千の水兵と労働者がデモを行い,4日には陸軍兵士も多数参加し,4万人の兵士が気勢をあげた。軍艦の指揮権は水兵たちに帰し,市内の労働者もゼネストでそれに呼応,労兵評議会が市の実権を握った。これをきっかけに革命が全国に拡大した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android