キール軍港の反乱(読み)キールぐんこうのはんらん(英語表記)Kiel Mutiny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キール軍港の反乱
キールぐんこうのはんらん
Kiel Mutiny

帝政を倒したドイツ革命の発端となった反乱。第1次世界大戦で敗色濃厚となったドイツの軍港ウィルヘルムスハーフェンで,1918年 10月 29日に水兵の反乱が発生,それに対する弾圧に抗議して 11月3日にはキール軍港で数千の水兵と労働者がデモを行い,4日には陸軍兵士も多数参加し,4万人の兵士が気勢をあげた。軍艦の指揮権は水兵たちに帰し,市内の労働者もゼネストでそれに呼応,労兵評議会が市の実権を握った。これをきっかけに革命が全国に拡大した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android