コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キーン きーんEdmund Kean

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キーン(Edmund Kean)
きーん
Edmund Kean
(1787/89―1833)

イギリスの俳優。芸人の血筋を引いて下層社会に生まれ、のちにイギリス演劇史上もっとも情熱的で天才的な役者と評された悲劇俳優。その生い立ちは伝説に満ち、正確な伝記は確定されていない。彼を一躍有名にしたのは、1814年1月26日ドルーリー・レーン劇場で演じた『ベニスの商人』のシャイロックで、その自然の感情に基づいた新鮮な演技が観衆の心を打った。容姿端麗な先輩の名優ケンブルが様式的な演技で善良な主人公を得意としたのと対照的に、小柄で声の悪いキーンは、リチャード3世、オセロ、バラバスなど、悪役あるいは情念にもてあそばれる人物の造形に真価を発揮した。息子チャールズのイアゴーを相手にオセロを演じているときに倒れ、1か月半ほどのちの33年5月15日死去。批評家のハズリットやラムの文章に天才をうたわれ、大デュマの『キーン』(1836)やサルトルの『狂気と天才』(1954)などの戯曲の素材ともなった。[中野里皓史]
『大場建治著『英国俳優物語――エドマンド・キーン伝』(1984・晶文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キーンの関連情報