コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キー・シンボル key symbol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キー・シンボル
key symbol

ある社会やその構成員にとって共通の重要な意味をもつもののこと。シンボル (象徴) とは,ある社会的事象に対してその社会の人々が共通の反応を示すような意味をもった記号,言葉,音,マークなどである。したがってそのなかでも,その社会の人々の大多数に共通の強い影響を与えるようなシンボルがキー・シンボルである。現在まで,さまざまなキー・シンボルを用いて,政治的な大衆操作が行われてきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android