コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギアール Guiart(Guiard), Guillaume

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギアール
Guiart(Guiard), Guillaume

[生]?
[没]1316頃.オルレアン?
フランスの年代記作者,詩人。初めアラス,ついでパリに住み,吟遊詩人として世に出た。フィリップ4世とフランドル伯との戦い (フランドル戦争) に従軍,彼の詩『王系譜』 Branche des royaux lignages (1304~07) は,その関係史料として重要。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ギアールの関連キーワードジャン1世遺児王遺腹王アラー・ウッディーン・ハルジーゲディミナスアラー・ウッディーン・ハルジー北条高時宇津神社クボタカール

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギアールの関連情報