コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギス(義須) ギスdeepsea bonefish

世界大百科事典 第2版の解説

ギス【ギス(義須) deepsea bonefish】

カライワシ目ソトイワシ科の海産魚(イラスト)。岩手・宮城でオキギス,東京でギス,三崎(神奈川)・茨城でダボギスと呼ばれる。腹びれが後位にあり,イワシ類に近い魚である。背びれの基底長が長く,背部のほぼ全面を占める。背面は鮮やかな青色,腹部は灰色を帯びている。うろこは円鱗ではがれやすく,側線がよく発達している。口先が長く突出し,口は下面に開く。やや寒帯性の魚で,しかも200m以上の深海に生息する。北海道から土佐沖までの太平洋岸に分布し,仙台,三崎などで大量に漁獲される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android