コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギス(義須) ギス deepsea bonefish

1件 の用語解説(ギス(義須)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギス【ギス(義須) deepsea bonefish】

カライワシ目ソトイワシ科の海産魚(イラスト)。岩手・宮城でオキギス,東京でギス,三崎(神奈川)・茨城でダボギス呼ばれる。腹びれが後位にあり,イワシ類に近い魚である。背びれの基底長が長く,背部のほぼ全面を占める。背面は鮮やかな青色,腹部は灰色を帯びている。うろこは円鱗ではがれやすく,側線がよく発達している。口先が長く突出し,口は下面に開く。やや寒帯性の魚で,しかも200m以上の深海に生息する。北海道から土佐沖までの太平洋岸に分布し,仙台,三崎などで大量に漁獲される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギス(義須)の関連キーワードウルメイワシカタクチイワシニギスマイワシ片口鰯藤五郎鰯裸鰯唐鰯イワシ油

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone