コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギニア海流 ギニアかいりゅうGuinea Current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギニア海流
ギニアかいりゅう
Guinea Current

アフリカ西岸のギニア湾を東流する暖流。ギニア湾から強い勢力で南下するとき,北上するベンゲラ海流との間に顕著な潮境をつくり,濃い海霧や異常降水を起すことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のギニア海流の言及

【海流】より

…ただし太平洋と大西洋における赤道反流はむしろ夏季の方がその勢いが強い。大西洋の赤道反流に続くギニア海流はやはり夏場に最も強くなるが,これはギニア湾上を南西からアフリカ大陸に向かって吹くアフリカ季節風の影響であると思われる。
[海流の成因]
 海流の成因は海洋大循環の成因と同じである。…

※「ギニア海流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギニア海流の関連キーワード大西洋赤道反流カナリー海流太平洋大西洋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android