コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギャウロフ ギャウロフGhiaurov, Nicolai

2件 の用語解説(ギャウロフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギャウロフ
ギャウロフ
Ghiaurov, Nicolai

[生]1929.9.13. ブルガリア,ベリングラード
[没]2004.6.2. イタリアモデナ
バス歌手。20世紀オペラ界屈指の歌手として知られた。ソフィア音楽院,レニングラード音楽院モスクワ音楽院に学び,1955年ソフィア国立歌劇場にデビューした。深みと風格のある美声,知的な役柄分析と巧みな演技力,舞台映えする容姿など,オペラの主役としての魅力をすべて備えた大歌手であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギャウロフ
ぎゃうろふ
Nicolai Ghiaurov
(1929―2004)

ブルガリアのバス歌手。当初はさまざまな管楽器を学んだが、従軍中に声楽を志すようになった。ソフィアとモスクワの音楽院に学んだのち、1955年パリ国際声楽コンクールで1位。同年ソフィア国立歌劇場でデビュー、以後、57年にボリショイ劇場(モスクワ)、60年にはコベント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)など、数年のうちに世界の主要歌劇場に登場。グノーの『ファウスト』のメフィストフェレスのほか、『ボリス・ゴドゥノフ』、ロッシーニセビーリャの理髪師』のドン・バジーリオなどを得意とした。またベルディの『レクイエム』などの独唱者、ムソルグスキーチャイコフスキーなどのロシア歌曲の解釈者としても定評がある。イタリアのソプラノ歌手ミレッラ・フレーニと結婚。73年(昭和48)にイタリア歌劇団の一員として初来日した。カラヤンなどの指揮で、多数のオペラ、ロシア歌曲の録音を残している。[美山良夫]
「カラヤン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏『ムソルグスキー:歌劇「ボリス・ゴドノフ」全曲』CD3枚組(1995・ユニバーサルミュージック) ▽ボニング指揮、ロンドン交響楽団演奏『グノー:歌劇「ファウスト」全曲』CD3枚組(1995・ユニバーサルミュージック) ▽ジュリーニ指揮、フィルハーモニア管弦楽団演奏『ヴェルディ:「レクイエム」「聖歌四篇」』CD2枚組(2002・東芝EMI)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ギャウロフの関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギャウロフの関連情報