コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギャウロフ Ghiaurov, Nicolai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギャウロフ
Ghiaurov, Nicolai

[生]1929.9.13. ブルガリア,ベリングラード
[没]2004.6.2. イタリア,モデナ
バス歌手。20世紀オペラ界屈指の歌手として知られた。ソフィア音楽院,レニングラード音楽院,モスクワ音楽院に学び,1955年ソフィア国立歌劇場にデビューした。深みと風格のある美声,知的な役柄分析と巧みな演技力,舞台映えする容姿など,オペラの主役としての魅力をすべて備えた大歌手であった。『ドン・カルロ』(ジュゼッペ・F.F.ベルディ)のフィリッポ2世役をはじめ,『ボリス・ゴドゥノフ』(モデスト・P.ムソルグスキー),『メフィストーフェレ』(アッリゴ・ボーイト),『ドン・ジョバンニ』(ウォルフガング・A.モーツァルト)などの各タイトルロールに示した陰影の濃い迫力はあたり役と呼ばれるにふさわしく,その一方コミカルな役柄にもうまみとすごみを発揮した。70歳をこえてもなお現役として活躍を続けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギャウロフ
ぎゃうろふ
Nicolai Ghiaurov
(1929―2004)

ブルガリアのバス歌手。当初はさまざまな管楽器を学んだが、従軍中に声楽を志すようになった。ソフィアとモスクワの音楽院に学んだのち、1955年パリ国際声楽コンクールで1位。同年ソフィア国立歌劇場でデビュー、以後、57年にボリショイ劇場(モスクワ)、60年にはコベント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)など、数年のうちに世界の主要歌劇場に登場。グノーの『ファウスト』のメフィストフェレスのほか、『ボリス・ゴドゥノフ』、ロッシーニ『セビーリャの理髪師』のドン・バジーリオなどを得意とした。またベルディの『レクイエム』などの独唱者、ムソルグスキー、チャイコフスキーなどのロシア歌曲の解釈者としても定評がある。イタリアのソプラノ歌手ミレッラ・フレーニと結婚。73年(昭和48)にイタリア歌劇団の一員として初来日した。カラヤンなどの指揮で、多数のオペラ、ロシア歌曲の録音を残している。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ギャウロフの関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android